同じ等級でも事故の有無で保険料が変わる?

自動車保険の仕組みには、ノンフリート等級別料率制度が採用されています。木の実前の年の契約時で等級に影響がある内容において保険を使っていなければ、翌年には1つ上がり、保険料の割引を受けることが出来るというものです。
以前は同じ等級であれば割引率が同じ設定となっていましたが、現在では事故を起こした経緯があれば、最低でも3年間は保険からの支払いを受けていない人と比べて割引率が低い設定となります。
これは自動車保険自体が以前のように保険会社にとって良いものではなく、赤字を出してしまうような保険になってしまったことが原因としてあげられます。
しかし全体で一律に保険料をアップするのは、公平ではありません。
保険を使う危険度が高い人と高くない人に保険料の差をつけることが、保険料負担の公平性を明確にするものです。
そういったことから、等級が同じであっても割引となる率を変えるという方法を採用しました。
保険を使う危険度が高い人には、それだけ保険料負担を重くすることとなります。
この制度の導入時期は損害保険会社個々の判断に委ねられていますが、徐々に足並みは揃ってゆくことでしょう。
あまりに小さなことで保険を使ってしまうと、大きく損をしてしまうことになりかねませんので、保険を使うときにはますます熟考する必要が出てきました。

コメントは受け付けていません。