ノンフリート等級制度

ノンフリート等級制度とは、等級によって割引き率や割増率が変化していく制度です。}PgžxQ

 

無事故が続き、等級が上がっていくことで割引率が増加し、事故を起こすことで等級が下がり割引率も下がっていく、という内容になっています。この等級は1等級から20等級まであり、最低である1等級になると60%割増となり、16~20等級になると60%割引きとなります。この保険は、加入した当時は6等級から始まり、一年間無事故であった場合に、翌年等級が上がります。しかし保険事故を起こした場合には、等級は3等級下がる仕組みになっています。
また、この制度は平成25年から改訂されており、継続加入している7~20等級の人であっても、過去に事故を起こしているかいないかで割引率が変化することになりました。そのため、16等級の人であっても事故を起こしている場合は必ずしも60%割引になるとは限らないのです。これは、契約者の間における負担額の公平性を図るために実施されています。
他にも、この制度への新規加入者の年齢が21歳未満の場合は初期の割増率が高く設定されています。これは、若い人の方が統計上、事故率が高いためでもあります。
こういった制度を設けることで、安全運転を心掛けてもらえるように働きかけていると言えるでしょう。

コメントは受け付けていません。