1等級ダウン事故との賢い付き合い方

1等級ダウン事故には、おおよそ3つの内容の事故があります。}PgžxQ
車両保険に加入しており、そこからの支払いに関わるものです。
ひとつは契約している自動車が盗難にあったときに車両保険から支払いを受けた場合。
もうひとつは台風や洪水といった天災や災難などにあい、車両保険から支払いを受けた場合。
最後は、落書きやいたずらで車が傷つけられたり、窓のガラスが破損してしまったことで車両保険金から支払いを受けた場合。
この3つのケースに該当するもしくは付随するような支払いを受けたときには、翌年には1つ等級が下がります。
現在どの等級にあるかによって、どれだけ保険料に影響が出るか否かはかわります。
免責ゼロの特約を付けるとそれだけ年間の支払額が大きくなりますが、免責額を設定しているとそれだけ安くなります。
その上で1等級下がってしまうような事故の場合には、その損害額に応じて保険からの支払いを受けないようにすると、等級に影響がでることはありません。
そのまま等級を維持することができ、翌年には等級がひとつ上がることとなります。
こちらのほうがお得なケースも多いので、保険に加入・更改するときには、内容をきちんと把握して保険を設計しましょう。
なお以前大変人気があった等級プロテクト特約は、現在は廃止となってます。

 

コメントは受け付けていません。