‘未分類’ カテゴリーのアーカイブ

軽度な事故に保険を使うと損する?

2014/06/03

自動車を所有している方の中には、任意加入の自動車保険に加入している方が数多く存在しています。

 

惑星自賠責では補償することのできない範囲をカバーすることができ、加入することによって比較的安心して運転することが可能になります。近年では制度に変更が見られ、等級制度や支払額などについても厳しい内容になるケースが出てきます。交通事故を起こしてしまった場合では、その事故の内容によっては補償してもらうために損害賠償を請求することが可能になりますが、その場合では基本的には3等級がダウンしてしまうことになり、翌年以降には結果的に多くの料金を支払う必要が出てきます。数万円単位で変動することの多いものなので、軽度な事故の場合では、自費で賄うことによって損をせずに処理を行うことも可能になります。例えば車対車の交通事故の場合で、修理費用が数万円で済ませることができる内容であれば、補償制度を使わないで自費で修理に出すことがおすすめになります。また、自損事故を起こしてしまった場合でも同様で、中には免責金額が設定されているケースも見られます。軽度な事故の場合では補償を使わずに自費で修理工場に持ち込むことを優先させることが得策になります。現在では補償を使うことによって、同じ等級であっても支払額が大きくなる現象も起きているために、事故の際に補償を使う際には十分に考慮することが求められています。

事故有等級から無事故等級へ復帰したい

2014/06/03

一般的な公道を走行させる自動車については、自賠責の他に任意加入の自動車保険に加入することが広く行われています。

雷そんな中、現在では制度が改正されたことによって、等級と支払額については古い時代とは異なった方法で算出されることが行われています。その中には事故有等級というものが存在しています。例えば交通事故を起こして補償を利用していない方が、17等級となっている場合と、20等級の方が事故を起こしてしまって、3等級ダウンして17等級になった場合を比較したならば、無事故等級として補償を利用していない17等級の方が支払う料金が安くなるという内容を持っています。交通事故を起こしてしまった場合では、その状況によっては、しっかりとした補償を行うことを必要とされる場面が生じる可能性もあるために、時には補償を請求することが求められることがあります。しかし、無事故等級へと復帰させるためには、事故有係数が3の事故を起こしてしまったならば、通常では丸3年の期間を無事故で通すことが求められています。また、本人に過失の無いような損害が合った場合で、対象となる補償制度に加入している場合では、免責金額を支払う必要も出てきますが、問題無く補償を活用することができます。

同じ等級でも事故の有無で保険料が変わる?

2014/06/03

自動車保険の仕組みには、ノンフリート等級別料率制度が採用されています。木の実前の年の契約時で等級に影響がある内容において保険を使っていなければ、翌年には1つ上がり、保険料の割引を受けることが出来るというものです。
以前は同じ等級であれば割引率が同じ設定となっていましたが、現在では事故を起こした経緯があれば、最低でも3年間は保険からの支払いを受けていない人と比べて割引率が低い設定となります。
これは自動車保険自体が以前のように保険会社にとって良いものではなく、赤字を出してしまうような保険になってしまったことが原因としてあげられます。
しかし全体で一律に保険料をアップするのは、公平ではありません。
保険を使う危険度が高い人と高くない人に保険料の差をつけることが、保険料負担の公平性を明確にするものです。
そういったことから、等級が同じであっても割引となる率を変えるという方法を採用しました。
保険を使う危険度が高い人には、それだけ保険料負担を重くすることとなります。
この制度の導入時期は損害保険会社個々の判断に委ねられていますが、徐々に足並みは揃ってゆくことでしょう。
あまりに小さなことで保険を使ってしまうと、大きく損をしてしまうことになりかねませんので、保険を使うときにはますます熟考する必要が出てきました。

ノンフリート等級制度

2014/06/03

ノンフリート等級制度とは、等級によって割引き率や割増率が変化していく制度です。}PgžxQ

 

無事故が続き、等級が上がっていくことで割引率が増加し、事故を起こすことで等級が下がり割引率も下がっていく、という内容になっています。この等級は1等級から20等級まであり、最低である1等級になると60%割増となり、16~20等級になると60%割引きとなります。この保険は、加入した当時は6等級から始まり、一年間無事故であった場合に、翌年等級が上がります。しかし保険事故を起こした場合には、等級は3等級下がる仕組みになっています。
また、この制度は平成25年から改訂されており、継続加入している7~20等級の人であっても、過去に事故を起こしているかいないかで割引率が変化することになりました。そのため、16等級の人であっても事故を起こしている場合は必ずしも60%割引になるとは限らないのです。これは、契約者の間における負担額の公平性を図るために実施されています。
他にも、この制度への新規加入者の年齢が21歳未満の場合は初期の割増率が高く設定されています。これは、若い人の方が統計上、事故率が高いためでもあります。
こういった制度を設けることで、安全運転を心掛けてもらえるように働きかけていると言えるでしょう。

新たな等級制度「事故有等級」とは

2014/06/03

事故有等級とは、事故を起こして保険を利用した時に適用される等級のことで、保険料は事故有係数に則った割引率で計算されます。}PgžxQ

3等級ダウン事故(通常の交通事故)の場合は翌年から3年間事故有係数が適用され、1等級ダウン事故(盗難やいたずら)では1年間適用されます。従って、3等級ダウン事故が適用されると、元の割引率に戻るまで3年間は無事故でいなければならなくなります。

新しい等級制度によって、同じ等級でも保険料の割引率の多い人と少ない人が出ることになります。例えば、20等級で事故を起こして保険を利用すると、従来は17等級の57%割引になりましたが、新しい制度では事故有係数によって38%割引になってしまいます。つまり、同じ17等級でも、無事故でランクの上がった57%割引の人と、事故によってランクの下がった38%割引の人がいることになります。

そして、2年目に無事故であれば18等級になりますが、通常は59%割引のところ40%割引となり、3年後は19等級になりますが、同じように61%割引が42%割引になります。このように、事故を起こした人は3年間、低い割引率で自動車保険の契約をすることになります。

ちなみに、事故を起こしても保険を使わなければ等級はダウンしないので、小さい事故の場合は、保険を使った方が得かどうかを、よく計算してから決める必要があります。

1等級ダウン事故との賢い付き合い方

2014/06/03

1等級ダウン事故には、おおよそ3つの内容の事故があります。}PgžxQ
車両保険に加入しており、そこからの支払いに関わるものです。
ひとつは契約している自動車が盗難にあったときに車両保険から支払いを受けた場合。
もうひとつは台風や洪水といった天災や災難などにあい、車両保険から支払いを受けた場合。
最後は、落書きやいたずらで車が傷つけられたり、窓のガラスが破損してしまったことで車両保険金から支払いを受けた場合。
この3つのケースに該当するもしくは付随するような支払いを受けたときには、翌年には1つ等級が下がります。
現在どの等級にあるかによって、どれだけ保険料に影響が出るか否かはかわります。
免責ゼロの特約を付けるとそれだけ年間の支払額が大きくなりますが、免責額を設定しているとそれだけ安くなります。
その上で1等級下がってしまうような事故の場合には、その損害額に応じて保険からの支払いを受けないようにすると、等級に影響がでることはありません。
そのまま等級を維持することができ、翌年には等級がひとつ上がることとなります。
こちらのほうがお得なケースも多いので、保険に加入・更改するときには、内容をきちんと把握して保険を設計しましょう。
なお以前大変人気があった等級プロテクト特約は、現在は廃止となってます。

 

ノーカウント事故

2014/06/03

自動車保険に初めて加入したときには、等級は6から始まります。木
これが毎年何事もなければ更改ごとに1づつ上がり、それとともに割引率が与えられ、だんだんと保険料が安くなるような方式になっています。
事故を起こして保険を使えば、その内容に応じて3つ下がる、1つ下がる、まったく下がらないという処置があります。
この「全く下がらずに翌年には1つ上がる」という内容の事故を「ノーカウント事故」と呼びます。
これは事故において人身傷害保険や搭乗者傷害保険からのみ保険金の支払を受けた場合、自動車事故弁護士費用特約だけを使って保険金の支払いを受けた場合、ファミリーバイク特約を付加しており原付バイクの事故で保険金の支払いを受けた場合、この3つはノーカウントの代表的な事故となり、等級には全く影響がありません。
次の年にはまた1つ上がります。
以前は盗難によって車両保険から保険金の支払いを受けた」場合、台風や洪水といった天災によって被害を受け車両保険から保険金の支払いを受けた、いたずらで落書きや窓がラスが壊わされるといったケースで車両保険から保険金が支払われた場合、この3つも据え置き事故として全く影響がありませんでしたが、現在の契約では1つ下がる事故となっています。
契約内容を確認しておきましょう。

1等級ダウン事故

2014/06/03

2012年10月に多くの保険会社が、自動車保険のノンフリート等級別料率制度の改定を行っています。牧草地02
その改定項目のひとつとして、等級すえおき事故を廃止し、1等級ダウン事故を新設しています。
事故内容が、火災・爆発・盗難・台風・竜巻・こう水・高潮が原因による事故や、落書き・いたずら・飛び石による窓ガラス破損等の場合、改定前は等級すえおき事故として扱われ、これらの事故内容で保険金請求をしても満期以降の継続契約のノンフリート等級はダウンせずに同じ等級でした。
しかしこの改定により、前記事故による保険金請求をした場合、翌年のノンフリート等級は1等級ダウンすることになります。
また、この改定でノンフリート等級別料率制度の改定も行われており、等級係数が「無事故係数」と「事故有係数」に細分化されています。どういうことかというと、同じノンフリート等級であっても、事故がなくアップした場合と事故があってダウンした場合では割引率が異なってくるのです。当然事故があってダウンした場合の方が割引率が少なくなります。
よって、この改定により事故をおこして保険を使った場合、満期以降の継続契約の保険料のアップ率が改定前に比べて大きくなります。
保険金請求をする前に、保険を使った場合の次契約の見積もりをしてもらい、保険を使うかどうかしっかりと検討する必要があります。

ダウン事故

2014/05/22

事故をして自動車保険を使用する場合、事故の内容により翌年の等級がかわってきます。牧草地01
例えば、自動車を運転中に電柱に衝突してしまったため、車がへこみ運転者も怪我をしてしまったような場合ですが、この場合は車両保険と人身傷害保険が請求できます。
車両保険と人身傷害保険を請求した場合、ダウン事故となり次契約の等級は3等級ダウンします。
しかし契約時に車両保険を付保していなかった場合、当然車両保険は請求できないので人身傷害保険のみの請求となります。
この場合はノーカウント事故となり、事故としてカウントされません。そのため次契約の等級は1等級アップします。
また、同じ車両保険の請求であっても事故の内容が、車にいたずら書きをされた・飛び石によりフロントガラスにひびが入ったなどであれば、これは等級すえおき事故となり次契約の等級は現契約の等級がそのまますえおかれます。
ただし、大手損保を中心に多くの保険会社が2012年10月1日以降始期契約から等級すえおき事故を廃止しています。
等級すえおき事故に該当する事故で保険金請求した場合は次契約が1等級ダウンすることとなります。
注意しないといけないのが、この改定とともに事故有り係数を適用する新制度を導入している保険会社が多いことです。
これにより、同じ等級であっても事故がなくアップしている場合と、事故があってダウンしている場合では、事故があってダウンしている場合の方が割引率が少ないです。
これらの改定により少々のことでは保険を使わない方がいいケースも増えてきます。
保険を使われる際には、保険会社に次年度以降の概算保険料を算出してもらい充分に検討することをおすすめします。