自動車保険業界的、事故の分類

虹

 

自動車保険に加入し、その保険から支払いを受けると、ほとんどの場合等級に影響があります。
翌年に等級が下がってしまう事故を「ダウン事故」と呼びますが、この中でも1等級ダウン事故と3等級ダウン事故があります。
車両保険の支払いに関わるもののうち、盗難によってこの支払いを受けた場合、台風や洪水などの天災や災害によってこの支払いを受けた場合、いたずらで破損させられたり落書きをされたり窓ガラスが割れたりといった内容でこの保険金の支払いを受けた場合、この3つに該当するようなものであれば、1等級ダウン事故となります。
人身傷害保険や搭乗者傷害保険からだけ支払いを受けた場合、自動車事故弁護士費用特約からの支払いだけを受けた場合、ファミリーバイク特約を付加しその特約からの支払だけを受けた場合、この3つに該当するケースであればノーカウント事故となり、等級には影響がありません。
これらに該当しない事故であれば全て3等級ダウン事故となり、現在1等級ダウンの事故も以前は等級据え置き事故となっていた関係から、「等級ダウン事故」と呼ばれていました。
2013年3月31日以降、このように細かく分けることで、保険料の公平性を追求しています。